銀残し、ブリーチバイパス、Photoshopで仕上げてみた。

こんにちは、今回はPhotoshop の調整レイヤー、白黒で銀残し(ブリーチバイパス)風に仕上げる方法を掲載させて頂きます。Lightroomでも当然できますが、Photoshopの調整レイヤー「白黒」を使うとまた違った仕上げができるので、是非お試しくださいませ。

 

Photoshopを使うメリット

私は、ニコンユーザーですので、通常はニコン専用のRaw現像ソフト、Capture NX-Dを使います。
今回は、Capture NX-DからPhotoshop を立ち上げて仕上げてます。
この方法のメリットは、撮影現場でカメラ設定した内容のままPhotoshopで開き、編集できることです。
Lightroomからですと、Rawファイルの場合、データ状態ですから、カメラの設定は反映されていません。
ですので、なんか違う画像から編集をすることになりますね。
そこでニコン純正Raw現像ソフト、Capture NX-Dの出番なんです。
Capture NX-Dは純正だけあって、Rawで撮影しても、Jpegやtifの変換した状態と同じように表示されます。
もちろん、Capture NX-Dで一旦tifに変換してPhotoshopから開く方法でも同じ結果が得られますのでお好きな方で作業して下さいね。

 

今回4銀残し(ブリーチバイパス)風に仕上げる理由

 



このままの状態でも私は気に入っていますが、
因みに、ニコン、Capture NX-DからPhotoshopを立ち上げた状態の写真です。
カメラの設定がきちんと反映されてます。
この写真をもう少し、夜明けのイメージを強くして、雲を白く強調して見たくて、考えたのが銀残し(ブリーチバイパス)風なんですね。彩度を落として、黒い部分と白い雲を強調すると、静けさとかを感じれる1枚になりそうでしょ。

 

銀残し(ブリーチバイパス)風仕上げの手順。



まず白黒に仕上げる事を目的としているので、明暗差を付ける事を意識して、色相・彩度を上げます、その後レベル補正でコントラスト上げてます。これにより明暗差がある白黒(モノクロ)写真に仕上がります。
今回は、ハイコントラストレッドフィルターを適用してますが、ブルー、シアンを調整することで空の色が濃くなり白い雲が協調され、レッド、イエローも調整すると違うイメージになります。色々試してくださいね。

 

銀残し(ブリーチバイパス)風、最終仕上げ


個人的には、この白黒(モノクロ)写真の仕上がりは好きです。白い雲が強調され、手前の建物はシルエットになり、朝陽があたっている部分が光ってイイ感じだと思いますが、更にこれを銀残し(ブリーチバイパス)風に仕上げてみます。

調整レイヤー白黒をアクティブにして、不透明度を調整することで、白黒(モノクロ)写真が少しずつ色が付きますのでここで好みの色合いに調整します。更に白、黒等を微調整するには、調整レイヤーの「特定色の選択」を開いて、白色系のブラック、中間色系のブラック、ブラック系のブラックを調整してみてください。フェードをかけたり、黒い部分を更に黒く、明るくしたりすることができます。

 

銀残し(ブリーチバイパス)風、完成写真(画像)

 

インスタグラムでアップした写真

 

銀残し、ブリーチバイパス風に仕上げる事

銀残しってフィルム時代は私の様な者にはとても難解な仕上げですが、今はパソコンで簡単に仕上げる事ができるとても良い時代ですね。
私はインスタグラムで、夕陽、夕暮れを中心に写真をアップしてますが、もう少し違ったイメージでって考えてみたりすることが多いのです。写真は無加工がってお考えの方も沢山いると思いますが、フィルム時代から無加工の写真はほとんどないのです、フィルム時代は、フィルターワーク、現像で様々な工夫をしていたことを、デジタルカメラの時代はパソコンでソフトを使い現像する。それだけの事なんですね。実はカメラの設定でJpegで撮影しても、カメラが自動でJpegに加工しているので、結果無加工の写真は存在しないのですね。ここを勘違いされている方が多いですし、私も以前はJpegオンリーで撮影してました。
フィルター等を使う事で光学的に加工する、Rawで撮影してソフトで現像する。
因みに、Lightroomのかすみ除去は、フィルターだとUVカットフィルターやPLフィルターで同じような効果が得られますね、私はレンズの保護フィルターはCarl ZeissのUVカットフィルターを使ってます、そして順光やサイド光の場合はPLフィルターを使う事が多いですね。UVカットフィルターは特に金属部分が綺麗にハッキリ撮れますね。
そんな訳で、色々とソフトで仕上げてみて下さいね。

 

銀残し関連記事

こちらの記事も参考にしてください、Lightroom用の銀残し(ブリーチバイパス)風、自作プリセットを配布してます。

写真の無断転用は固くお断りします。著作権について
HOME


関連コンテンツ